裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック

裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック

 

見逃すことの出来ないレーシック情報を「裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック」でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。誰もが視力を回復したいと考えており、出来る限り眼鏡やコンタクトレンズを使用しない日々を望んでいることでしょう。
その為の方法はレーシック手術しか現段階では無く、多くの人が裸眼生活を実現させることに成功しているのです。

 

どんな手術にもリスクというものがあるもので、これはレーシックでも同じようなことが言えます。
リスクの無い手術など無いのですから、大切なのは信頼出来る医師を選んでレーシックを受けるということが大切なのです。

 

多くの人が気になることかと思いますが、レーシックによって失明をしてしまうという心配があるかと思います。
失明という事例はこれまでに報告されていませんが、視力を思ったより回復させることが出来なかったということは稀にあります。

 



裸眼で見えるようになる奇跡のレーシックブログ:180821
我が家には、
一緒に暮らして14年になるイヌの太郎がいる。

朝方7時、夕5時の散歩が日課となっているが、
その時間になるとまるで時計を睨んでいたかのように
「ワン」とおっしゃる。

トレーニングといえるかわからないが、
唯一14年間続いているのが太郎との散歩である。

家を出て信号機までは、小躍りする太郎に引かれながら走る。
信号機まではおよそ100メートル…ここまでは全力疾走。
太郎も高齢だが、こちらも負けじとももを上げる。

そこを越えると
川沿いの土手にたどり着く。

ここで太郎は、じっくりと縄張り確認の臭いをかぐので、
ミーは肩回しや首回しをしながら朝方の空気を吸う。

次に、公園通りに進む。
この公園には、独自のスタイルでトレーニングに励むお爺さんがいる。

悪天候の日は見かけないが、
寒い日でもランニングシャツ1枚で
大きな声を出しながらトレーニングをしている。
ミーと太郎を見ると大きな声で話しかけてくれる。

そしてゆっくりと公園通りを抜け、川沿いの堤防道へ。
目の前の信号を渡れば朝方のゴールとなる。
所要時間にして、20分程だろうか。

夕は、ルートを伸ばしたり変更したりして
約30分のコースにする。
わずかな時間だが、気がつけば悪天候の日も風の日も続けている。

健康のためにトレーニング!と
意気込んでジムへ通ったこともあったが、
続けるのが難しい。

連日の腹筋を自分に課したこともあったが、
誰かが見張ってくれないと恥ずかしながら続かない…

トレーニングはリズムだと思う。
自分の生活にテンポよく刻めるようになるまでが難しい。

ミーは強固な意思を持ちあわせていないので、
鳴ったり鳴らなかったりの不協和音の連日だが、
朝方夕方の散歩だけはかろうじてリズムを保ち続けている。

「誰のお陰だワン」という声も聞こえてきそうだが…


ホーム サイトマップ
裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック モバイルはこちら